適度なアンシャープマスク

 「適度なアンシャープマスク」はどのくらいか?との質問をいただいた。アンシャープマスクに限らず現像作業において「適度」とはいったいどの範囲だろうか。ましてや昨今「オーバーコントロール」という現像ソフトを駆使しようとする人へパラメーターを動かすことへの「マインドブロック」を構築したいのかと思わせるような、いままでは写真用語には存在しなかった創造用語が横行し、余計に迷路へと誘われているといっても過言ではない。

 核心を突くとすれば「何故アンシャープマスクが必要か」と考えてみると良いかもしれない。

 ここできちんと整理しておかなければならないのは、JPG撮影とRAW撮影では「アンシャープマスク」への捉え方、考え方を分けねばならないということ。

 JPGとRAWの違いを示す時に、ド本気講座ではもよく触れることなのだが、「撮影する=鮮魚を釣る」と仮定する。

 JPGは釣った魚をカメラメーカーごとに「こういった料理が好まれるだろう」と考えられた結果として、勝手に皿に乗った状態の料理が目の前に提供されたものと考えて良い。

 その出来上がる料理が口に合うかどうか、そこは料理を食べる人が好みをある程度選べる。それがニコンでいえば「ピクチャーコントロール」であり、例えば標準的な味付けと焼き具合で良いよという人は[スタンダード]を、もっと素材感を残して料理して欲しい人は[ニュートラル]、最初からガツンともしくはコッテリとした味付けをして欲しい人は[ビビット]を選ぶだろう。

 それでももうひと押し好みに寄せたい場合には、「ピクチャーコントロール」を選んでからそれぞれコントラストや明瞭度、シャープなどを細かく設定できるので、自分好みの料理をより近づけることができるというわけだ。

 鮮度が良く活きが良い魚なら、この勝手に料理してくれるもので十分満足できる場合も多い。つまり、撮影した写真の状態が良ければ、JPG撮影で十分満足できる。青空順光などは特にそうかもしれない。

 JPG撮影した写真はすでに、適度かどうかは断言できないがある程度「アンシャープマスク」がかかっていると捉えて良い。

 撮りっぱなしJPGでも十分通用するのは、カメラメーカーが長年培ってきたあらゆる被写体に対する再現性向上のおかげであり、ここはカメラメーカーに心から感謝すべきことでもある。つまり、比較的誰でも美味しい料理が食べられる時代になったということ。決して自分の腕がズバ抜けている良いわけでも、特別な自慢できるほどのスキルがあるわけでもない。ここは誤解してはならない。また、後からいじらない=適切な露出で撮影できている、というのが撮りっぱなしJPGの自慢の要因になる場合があるかもしれないが、撮った結果がその場で後ろのモニターで確認できるわけで、事前にテスト撮影もできる。しかも親切に白飛び警告なんていうものまである時代。良い感じの露出で撮れて当たり前。ここは強調しておく。

 さて、次にRAW。RAWは文字通り「生」だ。魚を釣ったは良いが、いきなり目の前にあるまな板の上にバタバタと活きが良く生きている状態と同じと考えて良い。

 「さあ、どう料理する?」

 ところでそもそも「何を作る?」。

 ムニエルにする?焼いて塩胡椒だけでシンプルにいく?煮物にする?

 いずれにしても下ごしらえをしておかないといけない。三枚におろすか? つまり、料理人としてのある程度のスキルが必要となる。現像において「パラメーターをどこまで動かしたら良いのか?」という悩みを聞くことが多いが、料理にレシピ本があるように、現像のレシピ本があれば便利なのかもしれない。

 ムニエルの作り方、調味料の加える量、油の量、焼き時間などほとんどが数値化されて示されているのがレシピ本だ。ここで重要なのは、レシピ本の存在ではなく、「ムニエルを作るぞ」という動機、意図、意志の方だ。

 いったい撮った写真(獲った魚)をどう表現したいのか(どう料理したいのか)。それがまず先であり、どこまでパラメーターを動かせば良いのか(どこまで味付けして焼けば良いのか)は、仕上げたい写真(作りたい料理)は何か、がすべてであると理解できるであろう。

 そして、自分で料理をするに際しての下ごしらえの作業の中に、第一の「適度なアンシャープマスク」が訪れる。

 第一の??

 そう、第一の「適度なアンシャープマスク」だ。

 DxO PhotoLab3における深澤明流の現像でいえば、トーンカーブでシャドウを15、ハイライトを245まで切ってきて、アンシャープを200までかける。

 Capture NX-Dでいえば、適応量を20~30ぐらいはかける。

 これによってこれから調理する下地が出来上がる。

 フィルム時代にはこの部分をプロラボで行ったり、モノクロームでいえば暗室で行う、それこそ「現像」が担っていた。エッジ効果と呼ばれるもので、主に明暗の境界部分で発生するシャープネスの向上を指す。これは現像液疲労の不均衡が原因で起こる現象で、明暗の境界線が強調されて見かけ上シャープな画像となる。

 ところが、デジタル画像にはこのエッジ効果がない。つまり、見かけ上シャープな画像となる化学反応がない。したがってRAWデータにはこの見かけ上シャープな画像となるように、必ず「アンシャープマスク」をかけるべきなのだ。

 稀に、ごく稀に、撮影時のガチピンによるシャープ感とデジタル画像のシャープ感をごちゃ混ぜにしている方がいるが、不勉強甚だしい。それか、JPGオンリーの方ならまだ理解できる。ところが、現像についても言及していることがあるから辻妻が合っていない。

 この現象時の「適度なアンシャープマスク」は撮影時のシャープ感や被写体に関わらず、一定のルーティーンにして良い部分だ。

 先ほど上げた数字がまさにこれ。被写体がなんであれ、同様にかける。

 「適度なアンシャープマスク」を語るにやや整理が必要なのは、いままで書いたJPG撮影かRAW撮影かがひと段落したのもつかの間、次の工程にも当てはまるからだ。

 つまり、勝手に料理されたJPGであれ、自分でRAWから作った画像であれ、それを何で発表、発信するかで、第二の「適度なアンシャープマスク」が出てくる。

 自宅にあるプリンターでプリントする場合の「適度なアンシャープマスク」。SNSやブログなどネット上にアップする場合の適切なリサイズと「適度なアンシャープマスク」。では、印刷工程に渡す場合は?

 深澤明流でいえば、予めAdobe Photoshop2020のアクションにプリント用の「プリントシャープ」とブログやSNSにアップする用の「横2048px_sRGB」として記録してあり、画像を開いた状態でこれからのアクションをかましている。

 

 

 プリント用にいたっては、モードをRGBカラーからLabカラーへ一度変換して、明度情報のLチャンネルにだけアンシャープマスクをかけて、再びRGBカラーに戻す徹底ぶり(笑)。

 若い頃、「色情報にアンシャープはかけるな」という教わったことがまだしみついているのだろう。その根拠はいつかのド本気講座で触れるとして、A4プリントぐらいではそれほど差は出ないから、普段はそこまで気に止めてもらわなくて構わない。

 ブログやSNSにアップしている写真は99%、上のアクションの「横2048px_sRGB」で生成された画像だ。

 ちなみに印刷用に納品するRGBデータは、現像ソフトでかけた「アンシャープマスク」以降は、こちら側では一切かけない。

 このように、プリント用か、ブログやSNSなどのネットアップ用か、その目的に合わせて適した画像データにすることを「最適化」と呼ぶ。

 つまり、現像時の「適度なアンシャープマスク」と最適化時の「適度なアンシャープマスク」の2つの概念があることをまずは知っていてほしい。

 「適度なアンシャープマスク」と一言でいっても、これだけの要素を語る必要があり、難しいと感じるか、面倒だなと感じるか、深いなと思うか、面白い!とさらに興味が深まるか。それは人それぞれだろう。

 ド本気講座でも常に口にすることだが、この「適度なアンシャープマスク」に限らず、カメラやレンズ、写真やデジタルの知識は自転車の運転と一緒で、一度しっかりと身につけてしまえば、その後は無意識で良い。要は「前提」にしてしまうことができる。

 なるほど、そういうことなのか。とどこかのタイミングで理解してしまえば、そこから先は撮影時にすべてを集中できる。何をどう撮ろうか。それをどう表現しようかと、絵作りに集中できるのだ。

 今回「適度なアンシャープマスク」について質問を受けたが、ド本気講座に一度でも参加された方、ヒコマグの「ヒコマグド本気会員」で会員登録していただき【月刊 深澤 明】を購読されている方は、カメラやレンズ、写真やデジタル知識、現像ソフトの使い方など、深澤明のなんでも質問ができることにしている。

 うまく活かしてくれればと切に願う。そして、より楽しくヒコーキ写真に限らず写真を向き合えるようにと、心から祈っている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です